いのち金には手をつけるな

いのち金には手をつけるなとは、株式相場の格言で、大切な資金に手をつけてはならないという意味。負ける余裕のない資金で株式投資をすれば冷静な判断ができなくなるため、個人が株式投資をする場合は余剰資金でするべきであることを説いている。