インフレ圧力

インフレ圧力とは、インフレを引き起こす要因が、インフレに推移するように働きかけていること。その働きかけが大きいことを、インフレ圧力が強い、または高いという。具体的には、食料品やエネルギーの価格上昇、自動車の値上げ、ドル安などインフレの兆候を示すあらゆる事象がインフレ圧力になり得る。また、それらの事象が長期化することもインフレ圧力となる。

インフレ圧力を抑制するためには、金利を引き上げることが有効であると考えられている。また、世界同時不況による景気の停滞により、インフレ圧力は一時的に弱まったといわれており、景気の停滞もインフレ圧力を抑制する。