イールドカーブ

yield curve 】 利回り曲線

イールドカーブとは、債権が満期になるまで各時点の異なる利回りのプロットを線で結ぶグラフを指す。つまり、イールドカーブは利回りを満期までの時間の関数として示したもの。イールドカーブは償還期間の長さによる異なる利回りと期間の関係を表す期間構造を分析に用いられる。一般的には、長期債権の利回りは同質の短期債権のより高くなるという傾向を示す右上がりの曲線である順イールドと、右下がりの曲線である逆イールドという2つのタイプがある。逆イールドカーブは、投資家が短期債権の利回りの急上昇は一時的な現象で、長期債権の利回りは以前の水準にとどまると判断したとき起こりやすい。イールドカーブに関して、純粋期待仮説、流動性プレミアム仮説、市場分断仮説という3つの理論がある。