エクイティファイナンス

equity finance 】 新株発行を伴う資金調達

エクイティファイナンスとは、新株の発行や新株引受権付社債、CBの起債などといった、新株の発行を伴う資金調達のこと。企業が生成、発展における基本的な財務活動の一つ。エクイティファイナンスによって調達した資金は、将来返済の義務を負わず、貸借対照表純資産の部に入る。

エクイティファイナンスは返済期限の定めのない資金調達であり、発行会社は財政を強固にするという目的を達成することができる。一方で既存の株主からすると、エクイティファイナンスにより1株あたりの価値が下がるため、企業がエクイティファイナンスを実施する場合、既存の株主に対する説明が必要になる。

エクイティファイナンスに対して、普通社債を発行したり銀行借入するなどして、将来償還や返済の義務を負う形で資金調達することをデットファイナンスという。デットファイナンスは、資金調達した資金が貸借対照表の負債の部に入る。