キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書とは、会計期間の資金の流れを企業の活動区分別に計算して表示したもの。貸借対照表損益計算書では分からない資金の流れを表しており、第3の財務諸表に位置付けられる。

企業の活動区分には営業活動、投資活動、財務活動があり、それぞれ分けて記入される。営業活動のキャッシュフローには商品の販売、購入による収入と支出、人件費の支出、税金の支払いなどがあり、投資活動によるキャッシュフローには有形固定資産の売却による収入と支出、有価証券の売却、取得による収入と支出などがあり、財務活動によるキャッシュフローには借入金借入、返済に伴う収入と支出、株式の発行による収入、配当金の支払いなどがある。

キャッシュフロー計算書は主要な取引ごとに総額表示する直接法で表示されるが、営業活動によるキャッシュフローのみ間接法による表示も可能となっている。間接法によるキャッシュフロー計算書は税引前の当期純利益にキャッシュフローを伴わない非資金損益項目、営業活動に伴う資産、負債の増減を加減して表示される。