クラウドソーシング

crowdsourcing

クラウドソーシングとは、Webサービスを利用し、不特定多数の人間に業務を委託すること。群衆を意味する「crowd」と業務委託を意味する「sourcing」を組み合わせた造語であり、Webサービスなどで使用される「cloud(雲)」とは関係がない。

クラウドソーシングの業務内容は、Web開発やスマートフォンアプリ開発のほか、デザインや執筆、翻訳など多岐にわたる。また、業務の進め方にも違いがあり、委託先を選定し、契約してから業務を進めるプロジェクト方式や、キャッチコピーやデザインなどの提案を募り、応募作品を選定して報酬を支払うコンペ方式などがある。

クラウドソーシングの受注者は、フリーランスやSOHO副業や内職を希望するサラリーマンや主婦などさまざまであり、目的に応じた働き方ができるのがメリットである。また、発注者はクラウドソーシングを利用することで、大量の業務などを比較的安価で発注できるというメリットがある。一方で、発注者側には機密情報などの管理に懸念があるほか、受注者にとっては価格競争により生計が成り立たないといった問題点もある。