クロスセル

【 クロスセリング 】

クロスセルとは、関連する製品やサービスを販売すること。ある製品を購入しようとしている顧客へ、関連性の高いものや、組み合わせて使えるような別の製品を勧めることで、同時に複数の製品を購買してもらう販売手法。顧客当たりの販売額を向上させるために有効。

例えば、テレビを購入しようとしている顧客に対して、DVDレコーダーやホームシアターシステムも一緒に購入してもらうことなど。他にも、パソコンを購入しようとしている顧客へ、プリンターやメモリーディスクも購入してもらう場合など。

また、顧客の購買傾向をデータマイニングにより分析し、それに応じて適切な関連商品を提示する手法が広く普及している。例えばオンラインショップで、「この商品を買った人はこのような商品も買っています」と表示して、関連性の高い他の商品を勧める手法もクロスセルだと言える。

類似の販売手法にアップセルがある。