クロヨン

クロヨンとは、本来課税対象となる所得のうち、税務署が実際に把握できている度合いが、業種により格差があることを指す言葉。

給与所得者に対しては、所得のうち課税対象として9割を把握できているのに対して、個人事業所得者は6割、農業所得者は4割しか把握できていないと言われていることから生まれた。

また、把握できている度合いが、9対6対4に留まらないという考えから「トーゴーサン」という言葉もある。ここでは把握の度合いを、給与所得者が10割、個人事業所得者が5割、農業所得者が3割とされる。

他にも、これに政治家に対する把握度合いを1割として、「トーゴーサンピン」とする場合もある。