クローズドエンド型

【 クローズドエンド型投信 】 クローズドエンド型投資信託

クローズドエンド型とは、投資信託の型のひとつで、発行主が証券の買い戻しを保証していないタイプの投資信託。投資家からすれば基準価額での解約請求ができないということになる。クローズドエンド型投信は証券取引所で売買することになり、市場での売買が前提としてつくられている。市場価格は取引の状況によって基準価額より高くなることもと低くなることもありえる。

発行主としては投資家からの解約請求に応じる必要がないので安定して運用できるというメリットがある。クローズドエンド型投信には上場不動産投資信託(REIT)やカントリーファンドなどがある。

反対に発行主が買い戻しを保証している投信をオープンエンド型投信といい、日本の投資信託の多くはオープンエンド型となっている。