クールビズ

クールビズとは、温室効果ガス削減などのために、夏場のオフィスなどで冷房の運転を弱めても快適に過ごせるように、ノーネクタイなど衣服の軽装を推奨する政府主導の運動。環境省が中心となり推進している。同省が想定する実施期間は6月1日から同年の9月30日まで。2005年に環境省が一般からの公募により名称を決めて始められた。

具体的には、夏場のエアコンの温度設定を28℃にすることを推奨している。環境省ではエアコンの設定温度を例年より高くしたことによる平成18年度のCO2削減量は推計で、約114万トンであり、これは約250万世帯の1カ月分のCO2排出量に相当するとしている。

ちなみに、地球温暖化防止のために冬場にオフィスなどの暖房使用を控え、重ね着などを推奨する政府主導の運動を「ウォームビズ」という。こちらでも環境省が、冬場のエアコンの設定温度を20℃にすることを呼びかけている。