グランビルの法則

グランビルの法則とは、株取引や為替取引でのテクニカル分析のひとつ。相場の価格チャート移動平均線の位置関係を見て買いシグナルと売りシグナルを見極める。米国のジョセフ・グランビルが考案した。

グランビルの法則では、買いシグナルと売りシグナルがそれぞれ4つある。買いシグナルは、以下の4つ。(1)移動平均線が下落後、横ばいもしくは上昇しつつある局面で、価格が移動平均線を上にぬけたとき (2)移動平均線が上昇傾向にある時に価格が移動平均線を下回ったとき (3)移動平均線が上昇中に価格が下がってきたが、移動平均線と交差せずに再び上昇に転じたとき (4)価格が移動平均線より下に激しく下がったときとなっている。

売りシグナルは、以下の4つ。(1)移動平均線が上昇後、横ばいもしくは下降しつつある局面で、価格が移動平均線を下にぬけたとき (2)移動平均線が下降傾向にある時に価格が移動平均線を上回ったとき (3)移動平均線が下降中に価格が下がってきたが、移動平均線と交差せずに再び下降に転じたとき (4)価格が移動平均線より上に激しく上がったときとなっている。