グリーン購入

グリーン購入とは、消費者や企業、行政機関などが、製品やサービスを購入する前に必要性を熟考し、品質や価格、デザインなどに限らず、環境に配慮した製品やサービスを優先して購入すること。廃棄物の削減や、環境破壊の防止が主な目的である。また、製品を供給する企業側に対して、環境へ配慮した製品の開発を促す効果も見込める。

2001年4月1日からは、国等の機関にグリーン購入を義務付ける「グリーン購入法」が施行された。同法律では国等の機関以外でも、グリーン購入へ取り組むことに対して、地方自治体には努力義務、事業者や国民にも一般的責務があると定めている。このように幅広い主体がグリーン購入を進めていくことで、持続的発展が可能な社会の構築が目指されている。ちなみにその対象物品としては自動車や文具類、OA機器などがある。