グローバルSCM

グローバルSCMとは、サプライチェーンマネジメントの仕組みを1国内にとどまらず、世界にある拠点を結んで実施すること。サプライチェーンマネジメントとは、原材料や部品の確保から製造、流通、販売という、最終消費者に至るまでの財と情報の流れに関する全ての活動を統合して管理する手法で、最適な財の流れをつくりだすことに目標を置いている。

原材料供給業者や製造業者、流通業者、物流業者などが垣根を越えて在庫に関する情報を共有するため、コンピューターを使い、需要を高精度で予測する。仮に需要に変化があれば、生産や調達などを柔軟に変更する。このようにして余剰在庫の削減、適正な生産体制の整備を行い、コストを削減し、付加価値を高め、顧客満足を向上させる狙いがある。

グローバルSCMは海外に工場などの拠点をもつ企業が実施している。実施には世界各国の売上、サービス、開発などあらゆる情報を一元管理する必要があり、各国のデータを統合するなどの対応が必要となる。