コモディティ化

コモディティ化とは、どのブランドにおいても基本的に、品質に大差がなくなる傾向のこと。実際に今日の競争環境では重要な属性間で目立った違いが存在することは少ない。そのため多くの有力ブランドは同質化しているといえる。消費者から見るとどこのブランドの品も大差がないので、購入の際には価格や量が主な判断基準となる。

多くの場合は、このような背景から激しくなった価格競争によって価格が下落する。そのため、高価であった品がより低価格になり広く普及していく傾向を意味することもある。

コモディティ化が進むほど、各社は自社製品の特徴を訴えにくくなる。例えば宅配便サービスの場合、翌日配送や時間指定配達など基本的なサービスは共通している。各社で異なるのは配送車や配達員の服装など副次的な要素が多い。そのため近年ではソフト面での差別化を図るために、ブランド力の強化がより重要な経営課題に掲げられることが多い。ブランド要素であるブランドネームやロゴスローガン、キャラクター、パッケージなどが強化され、独自のブランドイメージを構築することで、顧客との結びつきがより強くなることが期待できる。また、そのことで価格競争に左右されにくくなり、安定した顧客の確保が狙えるといえる。