コンピテンシー

competency

コンピテンシーとは、業務上で成果を上げるための行動特性のこと。成果を出している社員の行動特性を分析、抽出をしてモデル化する。人材育成のための材料や、人事考課の基準として利用され、企業全体の業績向上を目指すために取り入れられている。

人材の能力、知識、思考力などとは別の概念であり、能力が高くてもコンピテンシーが優れていなければ、最大限の成果をあげられない場合があり、従来の日本で取り入れられていた職能主義とは一線を画している。また、職種や職位などによってコンピテンシーの種類が変わるため、それぞれの職種、職位で設定される必要がある。