コンペ

【 コンペティション 】

コンペとは、仕事の発注をする際、複数の業者から案の提出を求めて、提出された案の中から最も良い案を選ぶという一連の業務の流れのこと。選ばれた業者のみが仕事を受注できる。業者のやり方によって結果が大きく変わる、建築、広告、デザインなどの分野でコンペがなされる傾向にある。

コンペと類似したものとして相見積もりがあるが、相見積もりが主に価格を中心に競争原理が働くものであるのに対し、コンペは価格だけでなく、仕事の内容も判断材料になるため、コンペに参加する業者は仕事を勝ち取るために、案をつくるという実作業まで行う必要がある。

一連の流れは、まず仕事を依頼する企業によるオリエンテーションから始まり、ここで依頼する内容の仕事をコンペに参加する業者に詳しく説明する。説明を受けた業者はそれぞれ一旦持ち帰って提出する案をつくり、後日それぞれの業者が依頼主にプレゼンテーションをする。プレゼンテーションで説明された内容をもとに、発注する業者が選ばれる。