コール市場

call market

コール市場とは、短期市場のひとつ。呼びかけに対してすぐに回答があることから、コール市場と呼ばれる。当初は信用力が高い担保付きの有担コールが主流だったが、1990年代には無短コールの規模が拡大した。1999年のゼロ金利政策により、現在は有担コールと無短コールがほぼ同規模となっている。