サインパネル

サインパネルとは、クレジットカード裏面にある本人署名欄のこと。通常、カードが届いたら本人が自筆で署名することが必要であり、これに署名していないとカードを使うことができない。サインは、漢字でもローマ字でもどちらでもかまわないが、加盟店にてクレジットカード利用時には、売上伝票に利用者のサインが求められ、カード裏面の本人の自筆による署名と照合されるため、書き慣れたものが望ましい。

なお、サインパネルに署名がないまま、盗難や紛失などによって、クレジットカードが悪用された場合、カード盗難保険が適用にならないので注意が必要である。これは、カードを不正に取得した人物が自分でサインをすると、加盟店では正当な使用者と判断してしまうからである。

ただし、クレジットカード利用時の処理時間短縮のため、売上伝票へのサインを省略するサインレスシステムや、サインの代わりに暗証番号を入力するシステムなどを導入している店舗もある。スーパー等の食品売り場やコンビニエンスストア、高速道路料金等が例にあたる。