サステナビリティ

sustainability 】 サステイナビリティ

サステナビリティとは、持続可能性を意味する。英語のsustainabilityをカタカナ表記したもの。人間の活動が将来にわたり、持続していくかどうかを表す概念。社会や経済など幅広い分野で用いられる概念であるが、現代では特に環境問題やエネルギー問題などにおいて使われる。

そのため、経済的な成長のみならず、社会貢献活動などの社会面、あるいは環境保護活動などの環境面にも配慮して、これらのバランスを取りながら、持続して発展していこうとする考え方と言える。

また、「CSR(企業の社会的責任)」とサステナビリティは密接な関係にあり、環境活動を経営における重要な課題と捉えている企業が、CSRを提示する手法として「サステナビリティレポート」を公開するケースも増えている。

このレポートにおいては、地球規模で持続的に発展していくために、経済面のみならず、社会面や環境面からも、企業がどのように貢献しているのかが報告される。