サマーラリー

サマーラリーとは、7月から9月までの夏場にかけて、株価が上昇する現象のこと。とくに米国の相場で夏場に株価が上昇しやすい傾向があり、休暇シーズンに入る前に投資家が優良株を買いだめすることが要因であるといわれている。

実際に夏場にサマーラリーが起こるかどうかは、各国の経済情勢や現在の株価水準にも関係するため、必ず起こる現象ではなく、「サマーラリーが期待できる」「サマーラリーは期待できない」といった表現が使われる。

また、日本では「サマーラリー」と正反対の意味となる、夏場に株価が下がることを表わす「夏枯れ相場」という言葉もある。