シリーズA

【 シリーズAラウンド 】

シリーズAとは、ベンチャー企業に対し、ベンチャーキャピタル等が出資する段階のひとつで、起業したばかりのスタートアップ企業に対してなされる投資のこと。製品の企画、開発やそれに伴う技術開発などに対してシリーズAの投資がなされる。

出資するベンチャーキャピタルは複数でシンジケートを構成し、そのうちのいずれかがリードインベスターとなる。シリーズAという投資、増資方法は、米国のコンピューターやIT関連の企業が集結しているシリコンバレーで実施されるようになった。

シリーズAに続き、シリーズBという増資がある。初期段階のシリーズAでは事業を開始し、技術開発によって製品を生み出すことが主眼となるが、シリーズBの段階では、技術開発のみならず、事業として成功させることが主な目的となる。さらに3回目、4回目の増資であるシリーズC、シリーズDがあり、段階を追って増資が繰り返される。シリーズはD、場合によってEまである。