スケールメリット

スケールメリットとは、規模を大きくすることにより得られる効果のこと。規模の経済性

生産規模を拡大すると、原料の大量購入などにより単価あたりの生産額が下がるという利益が得られる。たくさんつくればつくるほど、安いコストで生産が可能である状態。