セルフレジ

セルフレジとは、主にスーパーなどで、顧客自身が商品のバーコードをスキャンして精算を行うレジのこと。

小売業者にとっては、レジ係などの人件費削減というメリットがある。また、会計を消費者自身がやるという新たなサービスによって他店との差別化が期待される。

一方で消費者には、少量の買い物なのでとにかく早く会計をしたい、プライバシーを守りたいなどのニーズがあると考えられる。そのため消費者にとっては、レジでの待ち時間短縮や、プライバシーの保護、自身で確認しながら精算を正確に行えるなどのメリットがもたらされて、満足度が高まるとされる。

外資流通企業においては、ウォルマートやKマートなどの大手スーパーを中心に導入が進んでおり、少量の買い物を行う顧客に利用させることが多い。

ただし、顧客が商品をスキャンせずに精算をする可能性も残る。そのような可能性を少しでも下げるために、かごの総重量を計測して、スキャンした商品の重量と照合する機能も開発されている。