ターゲティング

ターゲティングとは、マーケットセグメンテーションで選ばれた部分市場から標的となる市場を選別して、その市場においてマーケティング活動を行うこと。ターゲティングにより顧客絞り込むことでより効率的なマーケティング活動が期待できる。

このターゲティングによるマーケティング活動は大きく分けて三種類ある。

まず標的とする市場を均一なものとして捉えて、ニーズの共通点を見出し、単一の製品やマーケティング手法を展開する場合をマスマーケティングという。伝統的にこの手法を用いている企業としてはコカコーラなどが有名である。また、ユニクロによるフリースの販売手法もこの例といえる。

次に異なる性質を持つ部分市場に別個の製品、マーケティング手法を展開する場合を区別化マーケティングという。各市場に細かく対応できる反面、多くの製品やマーケティング手段を持つ必要があるために、大企業に多い手法といえる。

最後に異なる部分市場から自らの企業が最も効率的に活動を展開できると判断した市場でのみ、集中的にマーケティング活動を行う手法を集中化マーケティングといい、経営資源の限られた企業に最適な手法といえる。

このターゲティングは宣伝などでも重要な手法であり、一般大衆への対象範囲の広い宣伝のみならず、対象を限定した宣伝によって効率よく顧客を取り込むこともできる。

グーグルのアドワーズ広告などの検索連動型広告は、企業や組織が自らの活動に関連する言葉が検索されたページに広告を表示させることができ、対象を限定した広告の一例といえる。同様にピンポイントサンプリングも対象を限定した宣伝の一例である。