ダイレクトマーケティング

Direct Marketing

ダイレクトマーケティングとは、商品のターゲットとなる層へ、電話、手紙、Eメールといった1対1の手段で購入を訴求するマーケティング手法のこと。マス広告とは対極にある方法で、メッセージを送る対象が絞られて少数であるため、媒体コストが低く、ターゲットに沿ったきめ細やかな表現方法をとれることが特長となっている。それゆえに、購入に結び付く確率が高い。

ダイレクトマーケティングは、商品やサービスを一度購入や利用をしたユーザーや見込み客等を対象にして、リピーターになってもらう、またはすでにリピーターになった人に対して、情報を発信する目的で実施される。例えばダイレクトメールで、小売店がセールの案内を出すといった手法が典型例で、アパレル販売や美容院などでは販売員が顧客に親しみを込めたメッセージを加えることもある。

アパレル、美容のほか、通信販売、クレジットカード、自動車などの商品でダイレクトマーケティングが用いられる傾向にある。