テーパリング

tapering

テーパリングとは、量的金融緩和を縮小すること。具体的には、中央銀行による資産の購入を徐々に縮小していき、最終的には購入をやめることを指す。「テーパリング(tapering)」とは、先細りという意味である。2013年12月にアメリカの連邦公開市場委員会(FOMC)がテーパリングの開始を決定した。

アメリカの中央銀行にあたるFRBは、2009年よりQEと呼ばれる量的緩和政策を断続的に実施しており、2013年の段階で毎月合計850億ドル米国債住宅ローン債券を購入していた。同年5月頃からQEを段階的に終了させる方法として、テーパリングの実施が検討され始め、12月に資産購入額を2014年1月より毎月100億ドル減額することが決定された。

FRBのバーナンキ議長が最初にテーパリングに言及した際には、金融引き締めにつながるとの憶測から市場の混乱を招き、一時はテーパリングの見送りも予想された。しかし、テーパリング開始の決定後は、減額の規模が小さく、ゼロ金利が当面継続されることが明らかになったことなどから、市場への影響は少なかった。