ノベーションネッティング

ノベーションネッティングとは、お金の受取りと支払いを帳簿上で相殺しあい、実際の取引金額を小さくするネッティング(差額決済)のひとつ。ノベーションネッティングは、同じ決済日、同じ通貨の複数の取引(債権債務)を対象に差し引きして、新しく1つの債権・債務をつくるもののこと。オブリゲーションネッティングともいわれる。これにより、もともとの債権・債務はなくなり、新たな1つの債権・債務にかわる。

例えば、A社に対して100万円の債権と70万円の債務を持つ企業が、A社とノベーションネッティングを行うと、30万円の一つの債権になる。ネッティングの種類としては他に、ペイメントネッティングクローズアウトネッティングがある。ネッティングには、取引に伴うリスクの低減、為替手数料や事務処理費用の削減、決済資金の削減などのメリットがある。