ノンリコースローン

nonrecourse loan

ノンリコースローンとは、ノンリコースローンとは、返済の原資を借りてが持つ特定の資産、または融資を受けた特定の事業に限定するローンである。融資の際に担保となるのは融資対象から生じる収益や、対象の将来の処分価値である。不動産ファイナンスプロジェクトファイナンスはノンリコースローンの一種である。

通常、ノンリコースローンを実施するときには対象となる資産や事業を

SPCに委譲した上で融資を行う形式をとる。通常の融資(リコースローン)が借り手の信用力に基づいて行われるのに対して、ノンリコースローンでは対象となる資産または事業から生み出されるキャッシュフローに基づいて融資額が決定されるのが大きな特徴である。融資者はリスクに関する高い判断能力が求められるが、通常より高い金利を得ることができる。また、借り手もノンリコースローンを利用することにより、柔軟なファイナンスが可能になります。

ノンリコースローンでは求償権が確実に設定されているために不良債権の発生をも防止することができ、今後ますます広がっていくと予想されている。