パーソナルチェック

personal check 】 個人小切手

パーソナルチェックとは、銀行の当座預金に基づいて個人に振り出される小切手のこと。日本ではあまり見かけないが、欧米や韓国で広く利用されている。

個人小切手は銀行小切手と合わせて、船積書類を伴わない小切手として「クリーンチェック」とよばれることもある。家賃や電話代、水道代などの公共料金、買物などいろいろな支払いに使用することができる。また、海外送金の手段の一つにもなるが、受取人が現金を手にするまでに数週間かかることもある。

小切手を切るときには、日付、支払相手の名前、支払額を記入し署名をする。小切手を切った際には小切手の番号、支払い先、支払い額などを記録し、銀行から送られてくる1ヶ月分の収支明細と照らし合わせるとよい。不渡りになると罰金を要求されることがあるので当座預金口座の残高には注意が必要。窓口へ行けば小切手で当座預金口座から現金を引出すこともできる。