ファミリーブランド

【 統一商標 】

ファミリーブランドとは、複数の商品に共通して用いられるブランドのこと。

ファミリーブランドを用いることで、複数の商品に統一されたイメージを付与できる。また、ブランド名が浸透している場合には、新商品の市場への導入を円滑に進めることができる。

具体例としては、花王の「植物物語」などがある。これはヘアケア製品からボディケア製品、洗顔料など、複数の商品カテゴリーをまたいで用いられている。

ブランドの採用戦略のとしては、扱っている製品ラインの標的市場が同質的で、なおかつ製品ライン間のイメージや競争地位も同質的である場合には、ファミリーブランド戦略を採ると良い。つまり同一ターゲットや同一コンセプトを狙う場合に有効だと言える。

それは統一されたイメージで訴求する方が、個々の製品ラインに一つずつブランド名を付けてバラバラにプロモーションを行うよりも効果的だからである。