フラッシュオーダー

フラッシュオーダーとは、一部の機関投資家が、証券取引書に直結された高速なコンピュータを使用して、株式の売買情報を素早く入手し、瞬時に情報分析を行い取引をするしくみ。米ナスダックなどの一部の取引所で実施されている。

秒間に数千件もの売買を実施することが可能で、売買を繰り返し行うことで巨額の利益をあげるケースもみられる。

市場の公正さについて課題も多く、米証券取引委員会は、禁止行為を盛り込んだ規制を検討している。