フリマアプリ

フリマアプリとは、不用品を個人が出品してインターネット上で販売できるスマートフォンアプリのこと。公園などで開催されるフリーマーケットのような個人間取引が可能であることから「フリマアプリ」と呼ばれる。

スマートフォンのカメラで商品を撮影し、説明や価格を入力して手軽に出品できるのが特長。買い手はアプリ上でジャンル選択したり、キーワードで検索し、商品を探して購入できる。個人間取引には消費税がかからないため割安感を感じられることや、ネットオークションのように売買成立までに時間がかからないといったメリットもある。

なお、購入しても商品が届かないなどの詐欺被害を防ぐために、代金は買い手から運営会社に一旦支払われ、商品が買い手の元に届いてから手数料を引いた上で出品者に支払われるといった方式が採用されている。ただし、住所などの個人情報を買い手に知られるリスクも存在するため、出品者と買い手の間に運営会社が入り、委託販売方式で提供されているサービスもある。