ブックビルディング方式

book building

ブックビルディング方式とは、ブックビルディング方式は、新株発行の時の値段を決める際に仮条件を投資家に提示して、その値段で投資家がどれくらい買いたいかという投資家のニーズを調べた後に新株の価格決定を行なう方法。そのために需要積み上げ方式とも呼ばれている。

株価の決定は、引受証券会社がまず株価算定能力が高いと思われる機関投資家等の意見をもとに仮条件を決定する。そしてその仮条件を投資家に提示し、投資家の需要状況を把握することによって、マーケット動向に即した公開価格を決定するというプロセスでおこなわれる。

ブックビルディング方式の利点として、株式公開後の流通市場まで勘案した公開価格の決定が可能となり、株価への信頼感を高めることが期待されることなどがあげられる。

1997年8月までは、株式を新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、公開価格が高く設定されがちであり、公開後の株式の円滑な流通に支障を来たすことがあるなどの入札方式の問題点が指摘され、同年9月以降に公募などに係る取締役会決議をおこなう新規上場申請会社は、新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを選択することができるようになった。