ブランドスイッチ

ブランドスイッチとは、ある商品カテゴリーの内で、消費者がそれまで購買してきたブランドとは異なる、競合ブランドを購買し始めること。

原因はこれまで購買してきたブランドへの不満、あるいは単なる気まぐれなどの消費者自身の心理的変化のみならず、小売店での陳列方法、販売員からの推奨など多岐に渡る。

一般的に既存の顧客を維持するよりも、新規の顧客を獲得する方が費用はかかる。そのためブランドスイッチを防ぎ、既存の顧客をつなぎ止めることは企業にとって重要な課題となっている。

そのための手法としては「ブランドロイヤリティ」を高めることや、消費者が現在使っている製品から、他の製品へ切り替える際の物理的、心理的な総コストを意味する「スイッチングコスト」を高めることが有効とされる。

ちなみに、以前他社のブランドに切り替えた消費者が、自社ブランドへ戻ってくることをスイッチバックという。