プットオプション

プットオプションとは、オプション取引のひとつで、モノを将来の一定時期に一定の価格で売ることができる権利のこと。権利を行使するかしないかは、将来の時点で市場価格を見て決めることができる。一定の時期のことを満期日、権利行使日、権利消滅日などといい、権利を購入する代金のことをオプションプレミアムという。

例えばある株式を将来1000円で売るというプットオプションを購入しておけば、株式の市場価格が800円にまで下がったとしても1000円で売ることができ、価格変動による損害を被らずに済む。反対に株式の市場価格が1200円まで上がればプットオプションは行使せず、市場価格で取引することができる。この場合支払ったオプションプレミアムは無駄になる。

プットオプションの対義語として、モノを一定時期に一定の価格で買うことができる権利のことをコールオプションという。