プライベートエクイティファンド

プライベートエクイティファンドとは、未公開企業の株式(プライベートエクイティ)へ投資をするファンドのこと。さらには株式の公開や売却などを通して、キャピタルゲインを得ることを目的とする。

大別して三種類あり、ベンチャー企業へ投資するベンチャーキャピタル、ある程度業暦がある企業の買収をするバイアウトファンド、経営破綻した企業の再生を支援するターンアラウンドファンドに分類される。積極的に経営へ参画して、企業の価値を高めていくことが特徴である。

日本においては1990年代の後半以降に相次いで設立されており、ベンチャーキャピタルが先行する形で発達した。バイアウトファンドも急増している。経済の低迷が長引く中でベンチャーの育成や企業価値の向上、企業再生などの役割が期待されている。