プライベートバンキング

private banking

プライベートバンキングとは、富裕層を対象としている金融サービスがプライベートバンキングである。 PBと略されることもある。

プライベートバンキングは貴族の莫大な財産を管理することを得意としていたスイスの銀行に端を発している。しかし現在では金融機関の一部門として、多額の資金を持つ個人に対して資産の管理や運用、場合によっては相続や人生設計についてのアドバイスを提供している。銀行、投資銀行信託銀行など複数の種類の金融機関がプライベートバンキング業務を手がけている。

日本では近年プライベートバンキングが注目を集めている。それは、低金利時代における資産運用に頭を悩ませる富裕層と、手数料収入を増加させたい日系金融機関、そして日本への進出の足がかりを探している外資系金融機関、の三者の思惑が重なったためである。

ただし、プライベートバンキングは元来資産の格差が大きい欧米から入ってきたビジネスであるため、資産の格差が比較てき小さい日本で定着するためにはマイナーチェンジが必要である。