プリンシパルインベストメント

principal investment

プリンシパルインベストメントとは、自己資金による投資のことを指し、M&A不動産への投資に際して使われる手法。対するものとしては、外部からの資金を集めて投資を行うファンドがある。ファンドの場合には投資期間が限られているために短期間で投資の成果を得ようとする傾向が強い。しかしプリンシパル・インベストメントでは外部からの圧力を感じることなく、投資先に応じた投資期間や投資額の決定が可能となる。そこで、中・長期的に高い投資収益を得ようとすることがプリンシパル・インベストメントの特徴となっている。

また、ファンドの場合には投資に成功した時の収益手数料を除いては資金の出してに分割して払わなければならないが、プリンシパル・インベストメントでは投資収益はほぼ100%を自己の収益として計上することができる。

このように高いリターンを期待することができるプリンシパル・インベストメントだが、投資に関するリスクはすべて投資家のみで負担しなければならないため、事前に綿密なデューデリジェンスを行うことが必要である。