プロキシーファイト

proxy fight 】 委任状争奪戦

プロキシーファイトとは、委任状(株主である自分に代わって他人に議決権行使を任せる書類のこと)争奪戦。株主総会では、議決行権使の総数のうち、過半数の賛成が得られれば、その議案を会社は実行しなくてはならない。このことをふまえ、その会社において支配権を得ようと、株式そのものではなく、株主総会での議案・議決において自分の意見と賛同する株主からの委任状を取り付けようとすること。賛同してくれた株主と自分たちの議決権合計が過半数を超えれば、買収側が自分たちの考えに賛同している人員を取締役に送り込むなどして実質経営権を手に入れることが出来る。利害対立する複数の株主グループ間、特に買収を仕掛けている側と、攻防に回る経営陣の間で行われることが多い。例えばサッポロホールディングスは、買収を提案した米系投資ファンドのスティール・パートナーズとのプロキシーファイトの結果、攻防に成功した。サッポロホールディングスは「買収防衛策導入」に賛成する株主の委任状を獲得しようとし、スティール・ホールディングスは「買収防衛策導入」に反対する委任状を獲得しようとしたものであった。