プーリング

プーリングとは、銀行に設置されたプーリング口座を通じて、グループ企業内で資金を融通しあうこと。通常、企業は資金を多めに準備して安全性を保とうとする傾向があり、余剰な資金を持っている。プーリングを導入することで、ある子会社の余剰資金を他の子会社に回すこともでき、資産を効率的に運用することができる。また、資金の調達と運用を同時に行うことができるため、有利な金利で取引を行うことも可能になる。

実際にプーリングを導入するには、まず金融機関にプーリング口座を開設する必要がある。これにより、子会社が自社の口座に売上などを入金すると、全額が自動的に本社の口座に移行される。資金を引き出すことも当然可能であり、銀行の当座日中貸越枠内であれば引き出し翌日に本社からの入金があれば取引ができるようになる。こうすると、第三者からの資金調達が抑えられると共に、グループ会社内での資金の動きを常に把握することができ、各社の財務状態を把握することもできる。