マネタリーベース

monetary base

マネタリーベースとは、日本銀行民間金融機関に供給する貨幣量のことで、現金通貨と日銀当座預金残高を合計したもの。ベースマネーあるいはハイパワードマネーとも呼ばれる。民間の金融機関を通じて、マネタリーベースが信用創造により何倍ものマネーサプライを創造することになる。マネタリーベースは、重要な経済指標の一つであり、日銀が直接コントロールすることができる指標である。しかしこれがマネーサプライの創造につながるかどうかは、民間金融機関が信用創造の機能を上手く果たすかどうかにかかっている。不良債権問題は、こうした金融機関の信用創造を損なうために問題視されている。