ミニ株

【 プチ株 】 まめ株

ミニ株とは、株式1単元の1/10単位で買える株式のこと。証券会社によってプチ株、まめ株などの呼称がある。株式は1単元ごとに株主総会での議決権が与えられるようになっており、1単元は1000株未満の範囲から企業が自由に決めることができる。多くの企業では1単元を1000株としており、この場合100株がミニ株ということになる。

ミニ株には、株主議決権が与えられないが、少額からの投資が可能になり、より多くの人が株式投資に参加できるようになる、分散投資ができるようになるなどのメリットがある。

ミニ株は証券会社が独自に提供しているものであり、原則として株主名義は証券会社のものとなるため、株主優待を受けることができない。ただしミニ株でも投資家の名義とする証券会社で、かつ、全株主を対象に株主優待を配布している企業の株式であれば、株主優待制度が受けられることになる。