リスクマネジメント

リスクマネジメントとは、考えうる危機的な事態を回避、あるいはそのことによる被害を最小の費用で最低限にとどめよるための仕組みや活動のこと。

起こりうるリスクすべてを対象としており、その範囲は天災や戦争、政変や感染症、あるいはリコール従業員の失言や犯罪、商品の品質における事故や広告表現でのクレームなど多岐に渡る。特に国際的なビジネス展開をしている企業においては関係諸国の政情によるカントリーリスクへの対応も必要とされる。

発生する前にとられる対策にはリスクの洗い出し、マニュアルの作成や専門部署の設置、あるいは従業員への教育などがある。一方で発生した後の対策には原因究明と迅速かつ適切な対応や処理、情報公開などがあげられる。また、事態が収まった後には企業イメージを回復することも必要とされ、近年ではその作業を広報の専門であるPR会社に外注する場合も多い。

消費者意識の向上や、インターネット上などでの急速な悪評の波及、内部あるいは競合他社からの告発など組織に対する視線が厳しくなっていることを背景に、近年ではより重視されるようになった概念といえる。