リードユーザー理論

リードユーザー理論とは、リードユーザーイノベーションの相関性を表した理論のこと。

リードユーザーは自身のニーズを解決することを介して、高い効用を得ることが期待できるためにイノベーションを起こし、さらに、そのイノベーションは商業的魅力度が高いという理論。

具体的には下記のようにまとめられている。

(1)リードユーザーは重要な市場の最先端に位置している。したがって現在リードユーザーが経験しているニーズは、後になってから市場にいる多くのユーザーが経験することになる。

(2)リードユーザーは、自分のニーズに対する解決策を獲得することにより、比較的高い効用を得ることが期待できるため、その多くがイノベーションを起こす。

リードユーザーは重要な市場動向の最先端に位置しているため、リードユーザーが自身の効用のために改良、開発した製品の多くは、他のユーザーにとっても魅力的であり、それゆえ企業側からしても商品化したくなる製品の基盤となることがうかがえる。