ワンストップショッピング

one-stop shopping

ワンストップショッピングとは、消費者が多種多様な商品を1ヶ所でまとめて購入すること。消費者が希望する商品すべてをその1ヶ所で購入できるような小売形態を取り入れているのが、ワンストップショップと呼ばれる商店で、スーパーマーケットやコンビニエンスストアが代表的である。1ヶ所でなんでもそろうという利便性を生かし、他店との差別化をはかる狙いがある。どんなものをどれだけそろえるかというのは業種やここの店舗によって様々である。食料品・衣料品・薬品・家電などがそろったパワーセンターなどは「暮らしのワンストップショップ」ということができ、同様に「金融商品のワンストップショップ」「オフィス用品のワンストップショップ」など様々存在する。非店舗のものでは通信販売やオンラインショップなどがあげられ、売り場面積を考慮する必要が無いことなどから非店舗のワンストップショップの発達が進んでいる。