ワントゥワンマーケティング

ワントゥワンマーケティングとは、顧客一人一人のニーズの違いを把握して、各ニーズに対応する製品やサービスを提供しようとするマーケティングのこと。顧客満足度や販売効率を高め、特に既存の顧客と長期的な信頼関係を築くことが目指される。これを行うにはインターネット技術を活用して、顧客それぞれのニーズに関連する情報を蓄積、活用できるシステムが必要となる。それを基に、顧客の嗜好や購買行動などを分析して、戦略へと反映させていく。

対になる語として、マスマーケティングが挙げられる。こちらは広く万人に向けたマーケティングで、単一の製品を開発して顧客へ供給する。また高額な広告費をかけて、大規模な需要を掘り起こすことが目指される。

しかし市場が成熟化し、消費者のニーズやライフスタイルが多様化するにつれて、その効率性が疑問視されるようになり、ワントゥワンマーケティングなどの、顧客一人一人に対応するマーケティング活動が注目されるようになったといえる。