一計算書方式

一計算書方式とは、包括利益計算書の開示方法のひとつ。「損益計算書」と「包括利益計算書」を一つの計算書にまとめて開示する方法のこと。なお、包括利益計算書とは、当期純利益純資産の価値の増加分の合計である「包括利益」を計算する財務諸表である。2012年3月期から日本でも、連結財務諸表に限って包括利益計算書を開示することが義務付けられた。

一計算書方式と二計算書方式は、それぞれの企業が選択することができるが、原則として選択した方式を毎期継続して適用する必要がある。国際財務報告基準では一計算書方式と二計算書方式に差異はあまりないが、日本基準の場合は「親会社説」にもとづき、包括利益を計算する際に「少数株主損益調整前当期純利益」から開始するため、差異が生じる。なお、国際会計基準審議会は2010年に一計算書方式への一本化を求める公開草案を提示したが、反対が多く実現していない。

日本で一計算書方式を採用するメリットは、国際財務報告基準の考え方との親和性が高く将来的に有利になると考えられること、一覧性や明瞭性の点で利点があることが挙げられる。また、デメリットには、ボトムラインに当期純利益が表示されないこと、日本の従来の会計基準との親和性が低いため移行が大変になることが挙げられる。