上級財

【 正常財 】

上級財とは、所得が増加するとともに、需要量も増加する財のこと。

さらには、所得の増加率以上で需要が増加する財を「奢侈財(しゃしざい)」といい、所得増加率以下で増加する財を「必需財」という。

これに対して、所得が増加するとともに、需要量が減少する財のことを「下級財」、あるいは「劣等財」という。また、所得が増加しても需要量が変わらない財は「中級財」、あるいは「中立財」と呼ばれる。

経済学では所得が増加すると、各財から得られる限界便益も変化すると考えられる。そのため、財により以前と同じ価格でも需要量が増加するもの、逆に減少するもの、あるいは変化しないものが出てくるとされる。