不動産投資

不動産投資とは、土地や建物などの不動産資産を利益を得る目的で投下すること。利益を得る手段としては、所有不動産を購入時の価格よりも高く売却することで、その差額を利益として得るキャピタルゲイン方式と、所有不動産をアパート経営などのように賃貸して賃借人から定期的に賃貸を徴収するインカムゲイン方式がある。

土地価格の変動や賃貸した場合の空室状況などにより収益が変動しやすい側面をもつが、基本的に所有不動産の価値がゼロになる可能性はきわめて低いため、不動産投資は預貯金に比べるとリスクとリターンは大きく、逆に株式投資に比べるとリスクとリターンは低くなる「ミドルリスク-ミドルリターン」型の金融商品に位置づけられる。