不完全競争市場

【 不完全競争 】

不完全競争市場とは、市場が完全競争でない状態にあること。完全競争は売り手と買い手が多数存在し、価格が互いの需給関係によって決定される競争状態のことで、例えば売り手が一社独占の状態、もしくは数社による寡占の状態にある場合、完全市場ではなくなり、不完全市場となる。

また、独占的競争という状態でも不完全競争となる。独占的競争とは、売り手は多数あるが、それぞれが製品を差別化しているため、それぞれの製品にそれぞれの買い手がつくため、売り手に価格支配力が生じる。独占的競争で生まれる超過利潤により、他社の参入が促される点では競争的になる。